結婚相談所で活動する高学歴男性は「勘違い」に注意!

大学入試の「不合格率」が2013年に1割を切っており、「大学全入時代」が近い将来やって来るようです。

今の30代~40代が受験生の頃は、不合格率が3割を上回っていて「浪人生」もかなり多かったですよね。

 

以前は、女性の結婚相手への希望が「三高」(高収入・高学歴・高身長)と言われていたように、学歴がとても大事で、内面以上に学歴を重視する女性も珍しくありませんでした。

もちろん今も、難関大学を巡っての受験競争は収まるどころか激化していますが、ひと昔前に比べれば、社会全体としては学歴偏重の度合いは少し落ち着いた感があります。

 

とはいえ、それでもまだ男性の学歴が女性にとって重要な要素のひとつであることは変わりません。

だからこそ、高学歴男性は思わぬ勘違いに注意が必要なのです。

難しい受験競争を勝ち抜いてきた高学歴男性は、基本的にプライドが高い傾向がありそれ自体は自信にも繋がるので良いことです。

 

ただ、それが通用するのは第一印象までということをしっかり意識しておくことが大切です。

就職活動や転職活動で言えば書類選考までです。書類審査で「おっ、優秀そうだ!」と思われて通過できても、その後の面接や試験で魅力を伝えることができなければ採用されることはありません。

 

それと同じで、結婚相談所での婚活でも最初のお見合いで「難関大学出身でスゴイ」と思われても、その後の会話やデートで男性としての魅力を感じてもらえなければ結婚には結びつきません。

例えば、上から目線だったり、お金に細かすぎたり、消極的だったり、話を聞かないで決めつけたり・・・自分本位の言動は女性からすぐに愛想を尽かされてしまいます。

 

お相手女性の気持ちを尊重し理解しようとする姿勢が、穏やかで楽しい家庭を築く秘訣ですし、それでこそあなたの高学歴が魅力のひとつになるのです。

あなたの素晴らしい長所がお相手にしっかり伝わるように、まずお相手の立場や考え方を大切にするように心がけてくださいね。

応援しています!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次