草食系男子も婚活で「いざ」というときは決めよう!!

「草食系男子」

 

この言葉を見て、「オレは違うよ!バリバリの『肉食系』だよ!」と思う男性や、女性の方はこれ以降読まなくて結構ですよ。あまり役に立たないと思いますので(笑)。

「うーん、自分はどっちかなぁ?」と悩む人は、ぜひ読んでください。きっと、あなたは草食系男子か、それに近いタイプですので。

 

「草食系男子」という言葉が定着してかなり経ちますが、男子は昔に比べて弱くなったとか、頼りなくなったとか言われますよね。

あなたの周りでもそういう声、聞こえませんか?

 

私は、自分自身が草食系男子に近い方ということもありますが、基本的に「草食系」肯定派です。

なぜなら、女性に優しい草食系男子の家庭の方が温かく穏やかになりやすいからです。

 

共働きなら当然ですが、そうでなくても時間があるときは家事をしっかり手伝いますし、子どもの面倒も少しでも見るようにします。

そうすれば、女性も男性の仕事の状況に自然と理解を示すようになり、家庭が穏やかで居心地が良くなります。

 

ただ、「草食系男子」にも難点はあります。

それは、

「草食系」はチャンスを逃がしやすい

ということです。

 

あまり積極的でない「草食系男子」は、相手の女性からの行動を待ったり、女性が明らかに好意を持っていると分かってから行動したりと、二の足を踏んでしまうことが多いです。

せっかく何度かお会いしたり、LINEやメールで頻繁にやり取りしたりして良い雰囲気になっているのに、「もう一歩」を踏み出さないことで、女性が冷めてしまうこともあります。

 

また、頻繁にデートしていても、その場だけを楽しんでしまい、将来を見据えた話を切り出せず、女性に不安がられてダメになってしまうこともあります。

だからこそ、「草食系男子」のあなたへ大事なアドバイス!

 

草食系男子もいざというときは決めよう!!

普段はおとなしくても、頼りなさげでも全く構わないのです。

でも、女性に気持ちを伝えるときは、いつもの5倍くらい勇気を出してしっかり伝えましょう!

 

スマートに決められなくても、たとえちゃんと伝えられなくてもいいのです!

あなたが自分の思いをお相手に伝えたいということが伝われば、それだけで100点なのです。

長い人生、本当に「いざ」というときはそんなに多くないですよ。

 

勇気を出して頑張ってくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次