デート代を損得で考えない方がいいワケ

異性とのデート、どこで何をして楽しく過ごすかということに合わせて、デート代をどのように負担するかについて悩むことはありませんか?

デート代の支払い方について自分なりの考えはあるものの、最初から全開で出して行くと関係が悪くなりそうと思って遠慮したり、逆に遠慮しすぎて疲れたり…。

私も婚活していた頃、どうバランスを取ればいいか、悩んだこともありますので、よく分かります。

そこで、今回は、婚活や恋愛でデート代の支払いについてどうすればいいかなと感じている人が、どうすれば自信を持ってデート代の対応ができるようになるかについて書いてみます。

最後まで読むと、結婚に一番近づきやすいデート代の考え方が分かるかもしれません。

デート代で損したり、イヤな人と思われたりしたくない人や、気持ち良くデートして異性と仲良くなりたいと思う人はぜひ読んでみてくださいね。

お互いに居心地の良い関係を築けるパートナーが、イメージしやすくなるかもしれません。    

目次

デート代負担の考え方に「正解」がないワケ

ほとんどの人にとって、これから関係性を築いていきたい異性と、デート代で揉めることは避けたいはずですよね。

理想を言えば、「こうすれば間違いない」というような目安があればいいのですが、残念ながら、実際にはそういう「正解」はありません。

まず簡単に、その理由を整理してみます。

一般的な男性 

基本的には、男性が少なくとも多めに払うべきだと考える人が多いです。

シンプルな親切心もあれば、女性の前でカッコつけたい気持ちもあるかもしれません。 

その一方で、必要以上に払いたくない人も一定数いるのも事実です。 

年収が高い男性 

金銭的余裕があるので、デート代の負担を悪く思わない人が多いです。

ただ、逆に、女性を上から見てしまっている印象を持ち、気を遣って、すべて支払うのを躊躇してしまう人もいます。 

年収が低い男性 

できれば、率先して支払いたいと思いつつ、金銭的余裕がなくて躊躇してしまう人もいます。

その一方で、多少無理してでも払おうとする人もいます。 

一般的な女性 

基本的には、男性に少なくとも多く払ってほしいと思う人が多いですが、中には、奢ってもらうことが申し訳ないと思う人もいます。 

年収が高い女性 

金銭的余裕があっても女性として男性に払ってもらいたいと思う人もいます。

逆に、女性だからと下に見られていると感じて、割り勘以上にしたいと思う人もいます。 

年収が低い女性 

女性としてだけでなく、現実的に金銭的余裕がないため、男性に払ってほしいと思う人が多いですが、おカネがない人と思われたくないので積極的に払おうとする人もいます。 

いかがですか?

一言にデート代と言っても、それぞれの立場や思いなどから、同性の中でも考え方は大きく分かれますので、「正解」はないということを改めて感じられたのではないでしょうか。

デート代を損得で考えない方がいいワケ

価値観・思いがバラバラ 

上記で見ましたように、同じ性別や同じような境遇でも、本当にいろいろな考え方があります。

あなたが、勝手に「これが正しい考え方」と決めつけても、相手にとっては正解ではない可能性もかなり高いのです。

たとえば、

男性が、マナーのつもりでデート代を全額払おうとしたら、相手がたまたま、「私もデート代くらい払えるよ」と思う女性かもしれません。

女性が、全額払ってもらうのは申し訳ないと思って、割り勘にしようとしたら、「男としてのメンツをつぶされた」と被害者意識を持つ男性もいるかもしれません。

だからこそ、

自分が「損する」「得する」という感覚で対応しても、真逆な結果になることも少なくないわけです。

ここに、デート代を損得で考えない方がいい理由の一つがあるのです。

絶対的な「正解」がないため、勝手な損得勘定で動いてしまうと、相手との関係性を悪化させてしまうだけという、残念な結果にもなり得るのです。

おカネだけでなくひととしての性質が表れる 

デート代のお金を多く払う、払わない…。

それに対してどう対応するかで、

「相手のことをどう考えるか」

「どれだけ自己都合を優先するか」

「どれだけ見栄を張るか」

などが透けて見えてくるものです。

それは、

おカネの支払い方だけではなく、結婚したときに、

どれだけお互いさまの気持ちを大事にしてコミュニケーションを取れるか

という、将来的な光景をもイメージさせてしまうのです。

なので、

単に目の前の「損か?」「得か?」だけで考えてしまうと、思わぬところで信用をなくしてしまう可能性があるのです。

まさに、「小を顧みて大を失う」です。

目の前の損得より、本当に大切なことは何かを考えていきたいですね。

最も結婚に近づくデート代の考え方とは

デート代を考える際の大切な前提 

先ほどから書いているように、デート代についての価値観や考え方に正解はありません。

相手との価値観の一致がすべてです。

でも、相手がどんな価値観なのかは、もちろん、最初からは分かりません。

だからこそ、男性だから、女性だからというジェンダーの大きな議論ではなく、

現実的にどうすればできるだけ早く幸せな結婚をできるか

と考えた方がいいです。

今からおススメする方法も、決して、私が男性と女性についてこうあるべきと考えているわけではありません。

カップルによって、いろいろなバランスの取り方があっていいですし、実際に個人的な感覚ではびっくりするバランスの取り方をしているカップルも多いです。

今の日本社会での婚活で、最も結婚に近づきやすい方法をお伝えしますね。

デート代負担についてのおススメの考え方 

① しばらく男性が払う(意思を見せる) 

最終的にどうするかは相談で良いのですが、まず男性が、デート代のすべて、もしくは大半を負担する姿勢を示しましょう。

男性は必要経費と考えて、恩着せがましくしないようにします。

ただ、もちろん、無茶をして高級店などに行く必要はありません。

女性は、奢ってもらうことがあまり気持ちよくなかったとしても、とりあえず合わせて、素直に感謝の気持ちを伝えましょう。

食事代を出してもらったら、その後のカフェ代を払ったり、次のデートでちょっとしたお菓子をお返しにあげたりするようにしましょう。

 お互いに誠実さや常識感か確認する 

男性がいきなり割り勘にせず、負担しようとする姿勢を見せるか、

逆に、

女性がその行動に甘えすぎて当たり前のような態度を取らないか

を確認しましょう。

要は、お相手のことをまず考え、感謝する姿勢があるかどうかですね。

私たちは、関係性がない相手に対しては、通常、必要以上に気を遣ったり、マナーに気を付けたりするものです。

それが、最初から自分本位な言動を取れるのであれば、今後の見通しも暗いと言わざるを得ません。

そのため、まずは自分がちゃんとした言動を取ってみて、お互いさまの関係を築けていけそうかを、確認していくのがおススメです。

③ お互いの価値観・希望をすり合わせる 

そして、関係性ができてきたら、少しずつ本音を出し合い、どのような負担の仕方がお互いにとって心地良いか話し合いましょう。

その結果、完全な割り勘になっても全く問題ないし、極端に言えば、経済事情などから女性が多めに払うことになっても全く問題ありません。

もちろん、理想を言えば、最初からそのような話し合いができればいいのですが、デート代というようなセンシティブな話題について、最初から本音を出し合うのは極めて難しいものです。

だからこそ、しばらくは男性が払う姿勢を見せるところからスタートするのが望ましいのです。

信頼関係が築けてきたら、よりお互いにとって心地良い方向性を出していきましょう。

デート代の対応をうまくするためのポイント 

とにもかくにも、

「お互いにまず相手のことを考えられるか?」

「お互いへの感謝の気持ちを示せるか?」

「どちらかが一方的に無理していないか?」

「言いにくいことをしっかり言い合えるか?」

これらが、本当に大切です。

それらがクリアできれば、結果的にどうような負担割合になってもいいですし、二人の間でも問題にならないはずです。

そのためにも、まずしばらくは男性が払う姿勢を示し、女性がそれに応じた対応をするのが、最もスムーズに進みやすいスタートの方法です。

もちろん、場合によっては、例外的な対応が必要なこともありますが、最も無難な流れではありますので、参考にしてみてくださいね。

まとめ

デート代も回数を重ねればバカにならないですし、人によっては現実的に重い負担になることもあります。

それに対しての価値観や考え方も人によってバラバラです。

だからこそ、まずは「王道」の方法で進めて、少しずつお互いの価値観をすり合わせていくのがおススメです。

次のデートから、男性は気持ちよくデート代を支払う姿勢を示して、女性は感謝の気持ちを少し示すようにしてみてくださいね。

あなたから良い報告が聞けるのを楽しみにしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次