婚活男性の皆さん、LINEやメールを送り過ぎていませんか?

婚活していて、新しく女性と連絡が取れるようになるとうれしいですよね。

ただ、恋愛経験があまりない男性は、最初からボタンを掛け間違えることがあるので注意してくださいね。

 

特に気を付けたいのが、

いたずらに想いが先行してしまい、LINEやメールのメッセージを送り過ぎること。

 

女性から少しでも良い印象があるとうれしくなるその気持ちは分かりますが、こんなことをしていませんか?

・最初から想いをたっぷり乗せた重いメッセージを送る

・少し返信がないと、続けて送る

・毎日決まった時間に決まったメッセージを送る

・返信が来たら、とにかくすぐにまた送る

・相手のテンションに合わないメッセージを一方的に送る

思い当たることはありませんか?

 

女性は、付き合ってしばらく経ったラブラブの彼氏からであれば、かなりどんなメッセージが来ても平気ですが、最初から馴れ馴れしい、または、押し付けがましい内容が来たらドン引きしてしまいます。

まだお互いのことを知らない段階で、想いがてんこ盛りのLINEやメールが来ても重すぎますし、どんどん一方的に送られてきてもプレッシャーに感じたりうっとうしいと思ったりして、「もう、イヤ!」ということになりやすいです。

 

お相手から返信が来ても、すぐに返すのがいいとは限らないですよ。

お相手が翌日に返して来たなら、自分もその翌日に返すとか、お相手のペースに合わせることも大切です。

 

SNSやメールは気軽に使いやすいだけに、経験があまりない男性は単なるツールと勘違いして安易に使ってしまう傾向があります。

SNSやメールのやり取りでの最も注意しないといけないことは、

口頭で話したら違和感があまりない内容でも、文字にすると重く伝わる

ということです。

 

それを意識しないで、口頭で話している感覚で最初からやり取りすると多くの場合、お相手は不快に感じやすいです。

自分の気持ちを無視したような長くて重いメッセージはもちろん、「おはよう」のような短い文でも何度も送られてくると、「ウザい!」という印象になってしまいます。

実際に会ったときに「おはよう」と言われただけで面倒な気持ちになることは、よほど険悪なムードのとき以外はないものです。

 

それは、どうしても文字になった瞬間に、印象が重くなってしまうからです。

 

なので、親しくなるまでは特に、必要な情報(デートの時間や待ち合わせ場所など)のやり取りに留めつつ、時々、軽く配慮したメッセージ(寒い日が続いていますが風邪ひいていないですか?忙しかったら返信はあとでいいですよなど)を付け添えるのが良いですね。

たとえ親しくなっても、SNSやメールで深い話はあまりしない方がいいのですが、最初は絶対に禁物です。

 

もちろん、初対面から完全に意気投合して急接近するときもたまにありますが、それは例外として、基本的には、次に会うまでのちょっとした繋ぎ程度の感覚の方がいいですよ。

その分、実際に会った時にしっかり話をして信頼関係を築いていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次