婚活が楽しいとき!

部活、就活、保活・・・およそ、○活という言葉が付くものは、楽しいイメージはあまりありませんが、婚活も例に漏れず、基本的には、お相手を探したり、お断わりを入れたり入れられたり、交際したりと、地道な活動が続きます。

しかし、その中でも、活動を頑張っていくための励みになるような楽しいこと、うれしいことも、随所に出てきます。

順調に進むときは、本当にウソのように、スイスイと進んでいきますよ!

目の前のことに、あまり一喜一憂せず、ご自身にとっての「たった一人」の方と出会えるまで、どんどん頑張るのみです。

 

〇 お見合いが成立したとき

自分でいろいろと異性の方のデータを見て、申し込みをしていく中で、お見合い成立のお返事が来たときは、かなりうれしいものです。

普通の生活では絶対に出会えなかった方との新しい出会いの始まりです。

その後の展開はどうなるか分かりませんが、お見合いが成立した時点が、本当のスタートです。

しっかり準備して、当日に臨もうという気持ちになります。

逆に、異性の方からお見合い申し込みを受けたときは、また違った喜びがあり、数多くの会員さんの中から自分を見つけてくれたというありがたさと、どんな方なんだろうというドキドキ感で、当日が楽しみな気持ちになります。

 

〇 お見合い後に、交際希望の連絡が来たとき

お見合いで頑張って、1時間ほどのお話をして、帰宅した後、自分が良い方とだと感じれば、交際希望を出すわけですが、お相手からも、交際希望の連絡が、相談所を通して来たときは、とてもうれしいです。

お互いにプロフィールを見ていたとはいえ、それだけでは十分にはお互いのことを知ることができない中で、お見合いで実際にお話してみて、会話がスムーズに弾み、またお会いしたいと双方が思えたということは、大きな前進です。

まだ、その後の展開は分かりませんが、希望がひとつ大きくなるので、さらに前向きに頑張れます。

 

〇 交際が順調に進んでいるとき

お見合い後にお互いに交際希望を出して、交際を始め、毎週のようにお会いして、信頼関係を育んでいけているときは、とても心地よいです。

もちろん、お互いに結婚を真剣に考えている上でのお付き合いなので、一般の恋愛よりも緊張感もありますが、それだけに、希望が膨らんできます。

実際に一緒に生きていくことをイメージしながら、さらに信頼関係を深めていきたい気持ちになります。

 

〇 両家へ挨拶に行ったとき

こちらは、必ずしも、この時期に行うことではありませんが、交際が順調に進んでいる場合、両家に交際の挨拶に行くことがあります。

私たちは、交際開始2ヶ月でお互いの実家へ挨拶に行きました。

まだ正式に結婚することを決めたわけではない段階ですが、初めてお相手のご家族にお会いして、将来、親族になるのかもと想像したりもして、とても緊張する中でも、充実感が増してくる時期です。

 

〇 成婚退会の手続きをしたとき

そして、お互いに、本格的に結婚へ向けて準備していくことを確認できたら、めでたく、成婚退会です。

私も覚えていますが、このときは、何とも言えない気持ちになります。

仕事などで忙しい中で、婚活を頑張り、いろんな方とお会いして、うまく行かなかったことも多かったものの、めでたく成婚退会できることに、とても感慨深い気持ちになりました。

「大変なこともあったけれど、結婚相談所で活動しなければ、こんな短期間でこれだけ多くの方と出会い、妻と巡り合えることはなかったなぁ」と実感する瞬間でした。

 

婚活は、日々の活動は地味で、疲れることも多いものですが、本当に納得できる結婚相手が見つかったときは、それまでの苦労が、どこかへぶっ飛んでしまいます。

そのことを信じて、一日一日を大切に、頑張りましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次