婚活で好きではないタイプとの出会いを大切にする人こそ!

「ひとつでも少ない出会いで運命の人の出会いたい」

これは、婚活している人のほぼ間違いなく全員が願っている思いですよね。

婚活は、貴重な休日や仕事後の時間を使うので決してラクではないですし、面倒なこともありますから、当然の気持ちですよね。

私もそう思っていました。結局、33回もお見合いをしましたけど(笑)。

 

だから、自分の好みでない異性と出会いは、結婚には繋がらないので簡単に終わらせて次へという気持ちになりがちです。

でも実は、それだとかえって運命の出会いから遠ざかるかもしれません。

 

なぜなら、

自分が好きではないタイプの異性と話すことでこそ、自分が本当に大切にしたい価値観や逆に我慢できない考え方などの確認ができるからです。

 

いろいろなタイプの異性との出会いを繰り返していくことで、本当の出会いに近づけていけるのです。

その過程で、最初に思っていた好きなタイプと違ってくることも珍しくありません。

 

「積極的に話してくれる人がいいと思っていたけど、マイペースに進められると居心地が悪いから、やはり、あまり積極的でなくても協調性がある人の方がいいな」とか、出会いを何度も経験することで見えて来ることもあります。

もちろん、婚活を始めて1人目の出会いで意気投合して、そのまま結婚へというのが理想かもしれませんし、稀にそういうケースもあります。しかし、ほとんどありません。

 

「少しでも早く」という意味での効率だけを求めてしまうと、後で「こんなはずじゃなかった」ととても辛い思いをすることになるかもしれません。

なぜなら、結婚は恋愛と違って、基本的に24時間365日を共に生きることになるので、単に「好き」とか「憧れ」とかで一緒になるものではないからです。

 

日常生活を過ごす上で、お互いに一緒にいてラクと思えて、共に助け合っていくことができない限り、どんなにスペックが高い異性と結婚できたところで、ろくな生活は待っていません。

仕事柄、いろんなケースの話が耳に入って来ますが、やはり、結婚してから失敗に気付くと本当に大変そうですよ。

 

だからこそ、自分の思いこみかもしれない「好みのタイプ」にこだわりすぎるのではなく、あまり好きではないタイプとの出会いも無駄にしないでしっかり取り組んでいくことがとても重要なポイントなのです。

実際、順調に成果を出す人は、このステップを確実に踏んでいます。まさに、急がば回れ、です。

ぜひ、どんな出会いも、ひとつひとつ大切にしていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次