【婚活の方法】30代男性が一日も早く結婚するおすすめのやり方と具体的な準備

30代男性が自分に合った婚活方法を見つけて結婚した。

男性も30代になれば、結婚を考える年頃。婚活のやり方が気になる人もいるのではないでしょうか?

周りの友人や職場の同僚たちがどんどん結婚していく様子を見ていると、

「そろそろ自分も結婚したいなぁ」

と、落ち着かないものですよね。

この記事では、これから結婚を考える30代男性向けに、具体的でおすすめの婚活の方法や準備の仕方などをご紹介していきます。

ひとりぼっちの寂しさから逃れ、一日も早く結婚したい人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

今日から婚活を前向きにがんばるヒントになれば、とてもうれしいです。

みよし

ではまず、具体的な婚活方法を考える前に、30代男性の婚活事情を見てみましょう。

目次

30代男性の婚活事情とは?

出典: 日本結婚所相談所連盟「成婚白書~2021年度版~」

日本結婚相談所連盟「成婚白書~2021年度版~」によると、男性の年齢的な結婚しやすさは30代前半がピークです。

そして、30代後半から年齢を重ねるにつれて結婚しづらくなっています。

つまり、30代の男性にとって「今が最大のチャンスだけど、油断しているとチャンスをどんどん逃していく」タイミングといえます。

へぇ~!男性は30代がいちばんのチャンスなんだ!

みよし

そうなんですよ!

これは結婚相談所を6年間運営していて感じますが、男性は40代前半くらいまでお見合い成立度が落ちない印象です。

しかし、40代になると成立度は下がっていきます。

たとえば、「周りに独身の友人が多いから」「まだ30代だから」と思っていると、チャンスがどんどんなくなります。「30代こそ、チャンスを掴むためのがんばりどき」ということですね。

手遅れにならないうちに、しっかり考えたほうがよさそうだな…。

みよし

僕は38歳で結婚しましたけど、30代で動いてなかったらと思うと、ゾッとします…。

今がチャンスなのはわかったけど、どこで出会うかが問題だよね?

みよし

そうですね!
では次に、出会い方について考えてみますね。

婚活アンケート結果に見る「自分が良いと感じられる出会い方」

出典 : ブライダル総研「恋愛・結婚調査2019」

ブライダル総研「恋愛・結婚調査2019」に『自分が良いと感じられる出会い方』というアンケート結果を見てみましょう。

その結果によると、

  1. 「職縁(同じ会社や職場・仕事やアルバイトを通じて)」
  2. 「学校・サークル(同じ学校・サークルや習い事を通して)
  3. 「地縁・血縁・お見合い(幼なじみ・家族の紹介など)」
  4. 「友人紹介(合コン含む)」

の順に多くなっています。

できるだけ職場やサークルなどで出会いたいという希望が強いということですね。

逆に、「婚活サービス」や「SNS・インターネット」は低い数値になっていて、それらが「望ましい出会い方」と考えている人は少ないことがわかります。

確かに、できれば自然に出会いたい気がする…。

みよし

そうですよね。

わたしも独身の頃、できれば友人や職場などの出会いから結婚できればと考えていました。

ただ実際には、家と職場の往復で出会いがないという人も多いのではないでしょうか?

そうなんだよね…ほんと出会いがないんだよね。

わたしも当時、身のまわりにまったく出会いがなかったので、婚活サービスをいろいろ試しました。

その結果、最終的にお見合い33回で結婚して、今は家族3人で幸せな生活。

どこで出会うかは関係なく、どれだけ幸せになれるかが大事だと本当に強く感じています。

みよし

ではいよいよ、実際に30代男性にどんな婚活サービスがおすすめかを見ていきましょう。

30代男性におすすめの婚活サービス

婚活サービスといっても、どんなものがあって、何が自分に合うのかわからないな…。

みよし

そうですよね。おもな婚活サービスの違いと、それぞれのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

① マッチングアプリ

お互いに興味があるとわかれば、メッセージを交換することができ、合意すれば実際に会えるしくみです。

マッチングアプリの多くは女性無料。男性は月額3,000円〜4,000円ほどで、複数月契約することで安く利用できるものもあります(男性も無料のサービスもあり)。

いろいろなオプションがあり、自分のプロフィールが検索されやすくなるサービスなどもあります。

マッチングアプリのメリット
  • 基本的に身分証明書(運転免許証など)だけで簡単に登録できる
  • 料金がリーズナブル(女性は無料が多い)
  • 気軽に始めやすく、今すぐ結婚したいと思っていなくても、恋人探しだけで始められる
  • 特に誰かに報告したり相談したりする必要がないため、気楽に活動できる
マッチングアプリのデメリット
  • 登録が簡単な分、相手の素性がわかりづらい。
  • 既婚者が交じっていることがある。
  • 結婚願望が低い人も多いため、本気で結婚したい人にとっては使いづらい面もある。
  • 活動中のサポートは事務関係以外、ほぼないため、自己判断で活動していかないといけない
マッチングアプリの実体験

わたしが婚活していた頃は、ブラウザのサイトでの活動でしたが、アプリと同じようにメッセージ交換をしてお互いに会いたいとなれば、実際に会えるしくみでした。自分のスペックが低かったのか、積極的に申し込んでもあまり成立しなかったのを覚えています。

でも、根気よく続けていたら、時々成立するようになり、実際に何人かの女性と会えました。

ただ、事前にメッセージのやり取りをあまり長く続けると、会う前にお互いへの印象をもってしまい、実際に会ったときに違和感が強くなることが多くありましたね。

とても気軽に始められそうな一方で、いろんな人が交じってそう…。

みよし

そうですね、婚活デビューには向いていますけど、早く結婚したい人には微妙かもしれないですね。

② 婚活パーティー

一般的に7~20名くらいの参加者で、簡単なプロフィールカードを元に2~7分くらいずつ話していく流れです。参加者数や一人一人と話せる時間は、各パーティーによって大きくちがいます。

参加費用は男性が3,000~8000円程度、女性が0~5,000円程度になっていて、女性のほうが比較的参加しやすいしくみになっています。ただ、医師や弁護士などの男性がハイスペックなパーティーの場合は、女性の参加費用のほうが高いことも。

婚活パーティーのメリット
  • 一度に多くの女性と会えるのがいちばんのメリット
  • 参加時は、身分証明書の提示を求められるが、それ以上の個人情報の提示は必要ない
  • いろんな会社がさまざまな種類のパーティーを開いているので、都心部であればとても参加しやすい
  • 最近のご時世柄、オンラインでの開催もある
婚活パーティーのデメリット
  • パーティーによっては1~2分しか一人の女性と話せないこともあり、相手の人柄や相性がわかりづらい
  • 結婚願望が低い人も交っていることもある
  • 男女の料金が大きく違うことがあり、参加者の真剣度に差が出やすい
  • 1回の参加費はそれほど高くないが、男性の場合は特に何度も参加すると出費がかさむ
婚活パーティーの実体験

わたしは婚活時に、何度もパーティーに参加しました。

そこからの出会いで1年以上お付き合いした女性と出会えた経験があります。

個人的には、一人ひとりと話す時間があまりに短いパーティーは、たとえカップリングしても次に繋がりづらい印象がありました。

長くは話せなさそうだけど、一度にたくさんの女性と会えるのは魅力的だなぁ。

みよし

短い時間とはいえ、いろんな女性と話せるのはいい経験になりますね。

③ 結婚相談所

一般的に「データマッチング型」と呼ばれるものと、「仲人型」と呼ばれるものに大きくわけられます。

前者は、プロフィールや希望条件を提出して、システムから抽出された異性を月に何名か紹介してもらう。そこでお互いに会う意思があれば、お見合い成立になるという流れ。基本的に活動中のサポートは少ないです。

後者は、システムを使って申し込んだり申し込まれたりする中でも、仲人が仲介に入ってサポートして進めていく流れ。全国にいくつか「連盟」という組織があり、そこで多くの相談所が会員データを共有しています。サポートの多さは、相談所やコースによって大きくちがいます。

結婚相談所のメリット
  • 結婚願望が高い人と出会える。
  • 相性の合う人が見つかれば、1年以内に結婚できることも多い。
  • 提出書類が独身証明書など多いため、相手会員の素性がかなり担保されている安心感がある。
  • 活動中の相談に乗ってもらいやすいので、軌道修正したり、モチベーション維持したりしやすい。
結婚相談所のデメリット
  • ほかのサービスに比べて料金が高い。
  • 料金体系がわかりづらく、結婚相談所によってサポート内容も異なるため、入会前の見極めが難しい。
  • 同じ相談所の中でも、担当者によって対応が変わるなど、運に左右される面もある。
  • プロフィールが詳しく、信頼度も高いため、条件重視で見られることもある。
結婚相談所の実体験

わたしは、最終的に結婚相談所でお見合い33回を経て結婚しました。

ただ、最初に入った相談所は入会時と入会後の対応が大きく異なることが多く、耐えられなかったので数ヶ月でやめました。次に入ったところも、サポートはほとんどなく、連絡が来るのはお見合い料の請求時だけでした。

信頼できるところを選ぶのは本当に難しいと感じたのはよく覚えています。

結婚相談所に入ったからといって、結婚できるわけじゃないんだなぁ。

みよし

そうですね、自分がどれだけ積極的に動くかや、結婚相談所との相性も大きいですね。

「結婚したい度」別、30代男性におすすめの婚活方法

「それぞれの婚活サービスの特徴はわかったけど、自分にはどれが向いているんだろう??」と思うかもしれませんね。

実は、あなたが「どれくらい本気で結婚したいか」と考えているかがポイントになるんです。

そのため、ここでは30代男性のおすすめの婚活サービスを「結婚したい度」別で解説しますね。

・本気で早く結婚したい

・とりあえず彼女がほしい

・結婚をあまりしたいとは思っていない

自分がどれに当てはまるか考えながら読んでみてくださいね。

①「本気で早く結婚したい人」

「もう恋愛はいいから早く結婚したい」
「いい年齢だし早く家庭をもちたい」

みよし

このような方はズバリ、
結婚への真剣度が高い人が集まる「結婚相談所」で
積極的に活動するのがおすすめです。

前半でお伝えしたように、結婚相談所の市場では、30代男性は有利な立場にあります。その機会を利用しない手はありません。30代後半以降は少しずつ不利になっていくので、早めに動くことがポイント。

ただ、自分に合う相談所を見つけるのは大変なので、慎重に選びましょう。料金だけでなく、実際にサポートしてくれる担当者との相性もしっかり確認することが大切です。

可能性を少しでも高めたいなら、結婚相談所と合わせてマッチングアプリや婚活パーティーも利用するのもいいです。でも、スケジュールがタイトになりやすく、出費もかさむので無理はしないほうがいいかもしれませんね。

②「とりあえず彼女がほしい人」

「なんだかんだ言っても、まだドキドキする恋愛がしたい」
「結婚前提の付き合いは考えられない」

みよし

このように、今の婚活事情を踏まえても「まだ結婚はしないでいい」という男性は、
マッチングアプリか婚活パーティー中心に動くのがおすすめです。

それらの出会いにも結婚願望がとても高い人は少ないので、「まず恋人から」というあなたの希望に合っています。むしろ、気合いを入れすぎて結婚相談所に入会してしまうと、交際のペース感や真剣度が合わずに疲れるので注意しましょう。

「とりあえず彼女がほしい人」は、マッチングアプリやパーティーで積極的に動いて、交際に繋げていくのがいいですよ。

③「結婚をあまりしたいと思っていない人」

「一人でいる時間がとても心地いいし、
 正直なところ、結婚したいのかわからない」
「実はあまり結婚したいと思っていないかも?」

みよし

このように思うタイプは、周りに既婚者が多くなってきて、親御さんからのプレッシャーも強くなってきたので、
「とりあえず婚活しておいたほうがいいのかな…」
と感じているくらいの人です。

もちろん、マッチングアプリや婚活パーティーで気軽に動くのもいいです。実際にいろいろな女性と話してみると、カップリングしなくても貴重な経験になります。

ただ、30代という年齢を考えると、まず自分のライフプランを見つめ直すことをおすすめします。

必ずしも結婚することが人生ではない時代ですので、独りで生きていく選択もまったく問題ありません。

その一方、数年~10年経ってから「やっぱり結婚したい」と思っても、今とは比べ物にならないくらいに不利な環境になっています

わたしのお客さまでも50代、60代になって「やっぱり子どもがほしい」と相談に来られる人もいますが、現実的に極めて難しいです。女性も、「子どもが成人したときに旦那さんは何歳?」などと冷静に考えるので、30代までの女性が50代以上の男性を求めることはまずありえないですから…。

何年も経ってから後悔しないように、自分の生き方やライフプランをまず見つめ直しましょう。それに応じて、適切な婚活サービスを選ぶことが大切です。

まとめ

男性は30代がいちばん有利に婚活できる時期です。

自分の結婚したい度がどれくらいなのかを考え、自分にあった婚活サービスを使ってみましょう。

自分の目的やヴィジョンに合った取り組みを見つけて、一日も早く、ひとりぼっちの寂しさから逃れる「運命の出会い」を見つけましょう。

エールマリアージュでは、無料での出張相談とオンライン相談を受け付けています。

自分に合った婚活サービスがよくわからないと思う方は、お気軽にご相談くださいね。 結婚相談所ありきではなく、あなたに合った方向性を見つけるお手伝いをさせていただきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次