40代男性が「婚活の厳しい現実」を乗り越えて結婚する方法

40代男性が厳しい婚活事情を乗り越えて結婚した。

「今から婚活をがんばっても結婚するには厳しいかな??」

男性で独身のまま40代になると、結婚に対して不安な方もいるのではないでしょうか。

確かに、40代の男性は年齢とともに結婚が厳しくなっていきます。しかし、現実を知り、しっかりと対策をすることで結婚できる可能性は高くなるのです。

この記事では、やっぱり結婚したいと思い始めた40代の男性向けに、40代男性を取りまく婚活の現実とおすすめ婚活方法をご紹介します。

みよし

では、まず40代男性の婚活事情からみていきましょう。

目次

40代男性の婚活を取りまく厳しい現実

こちらでは、40代男性の婚活がなぜ「厳しい」のか、「未婚率」と「結婚相談所への在籍期間」の統計からその理由をお伝えします。

① 40代男女の未婚率の比較

40代の男性は若い女性を求めがちですが、年齢面で不利になりやすいのが現実です。

年齢別男女の未婚率
2020年男性女性
25~29歳76.4%65.8%
30~34歳51.8%38.5%
35~39歳38.5%26.2%
40~44歳32.2%21.3%
45~49歳29.9%19.2%
出典: 令和2年国勢調査「人口等基本集計結果」より作成

40代男性が同世代の女性を求めても、現実的に未婚女性の人数は少ないのがわかります。

基本的に男性は年下の女性を求める傾向にありますが、40代男性が30代女性を希望する場合、30代男性もライバルになります。

実際にわたしが運営している結婚相談所エールマリアージュでも、年下の女性を求める方が多いですが、年齢面で不利になりやすいのが現実です。

そ、そうなんですね!?そもそも女性の未婚率のほうがかなり低いなら、若い女性にこだわったら難しそうですね。

みよし

未婚者の全員に結婚願望があるわけではないので、一概には言えない部分もありますが、傾向としてはその通りですね。

② 40代男性の結婚相談所への在籍期間

40代男性の婚活の厳しさは、結婚相談所の在籍期間の長さにも表れています。

出典: 日本結婚所相談所連盟「成婚白書~2021年度版~」から作成

年齢が上がるにつれて在籍期間が長くなっていますね。40代後半は30代より半年以上長くなっています。

40代後半をピークに減少しているのは、50代になると子どもをあきらめて同世代の女性とも積極的に会っていく人が増えるからだと考えられます。

これはショックですね。50代男性より長いなんて。ちゃんと考えていかないといけないですね。

みよし

そうですね。あまり深く考えずに30代の延長で考えていると、婚期がズルズル遅くなっていくかもしれませんね。

40代男性の婚活はなぜ「高望み」「身の程知らず」と言われるのか?

40代男性の婚活が厳しいと言われる大きな要因は、40代男性が「高望み」してしまう傾向にあります。ここでは、年齢面と年収面からなぜ「高望み」といわれるのかをみてみましょう。

① なぜ「高望み」「身の程知らず」と言われる?

年々、男性が年下の女性と結婚しづらい状況になっています

出典:厚生労働省「人口動態統計2019年」より作成

「妻が年上」や「夫と妻が同い年」の婚姻件数はほぼ横ばいであるのに対して、「夫が年上」の婚姻件数が大きく減っています。特に、その中でも年齢差が大きい婚姻ほど減り方が顕著です。

40代男性は「子どもがほしい」などの理由から年下の女性を求める傾向があります。しかし、女性の社会進出などさまざまな要因から、自分より年齢が離れた若い女性との結婚は難しくなっていると考えられます。

だから、45歳くらいで30代の女性を求めると、「高望み」って言われちゃうんですね…。

みよし

そうですね。
男性が思う以上に女性は「年の差」を感じるようですよ。

② 女性が結婚相手の条件として男性に求めること

年収があまり高くない40代男性は、婚活で苦労しやすい状況です。

出典:国立社会保障・人口問題研究所「第16回出生動向基本調査」より作成

最近は女性の社会進出が進んでいると言われることもありますが、2021年の調査でも、女性は男性と比べて相手に「経済力」や「職業」を求める割合がかなり高いです。

人柄や家事・育児への協力はもちろん、女性が将来に向けた経済的な安定性もかなり重視していることがわかります。

会社員であれば、定年までの年数が短くなってくる40代男性で年収が高くない場合、女性からシビアに見られてしまうでしょう。

いちばん大事なのは相性(人柄)とはいえ、経済力もけっこう大事なんですね。

みよし

おっしゃる通り、年収などの経済力が最重要というわけではありませんが、ある程度はしっかり意識したほうがいいですね。

40代の独身男性の結婚に欠かせない5つのポイント

これまで40代男性の取りまく婚活の厳しい現実について紹介してきましたが、けっしてあきらめる必要はありません。実際、エールマリアージュでも多くの40代男性が成婚されています。    

ここでは、40代男性が結婚するには欠かせない5つのポイントをお伝えします。

  1. 恋愛ではなく結婚を目指す
  2. 清潔感をしっかり意識する
  3. 相手の気持ちを想像する習慣をつける
  4. すぐに馴れ馴れしくしない
  5. 年収を少しでも高める努力をする

大切なのは、40代で幸せな結婚をするために「どう考えて行動するか?」ということ。ひとつずつみていきましょう。

① 恋愛ではなく結婚を目指す

40代で結婚を目指すためには、結婚を見据えた出会いを探すことが大切です。

出典: 国立社会保障・人口問題研究所「第15回出生動向基本調査」より作成

こちらのデータをみると、恋愛結婚での平均交際期間は4.59年であることがわかります。

40代で一度の恋愛に4年半もかけていると、あっという間に50代になってしまいます。しかも、それだけ時間をかけても、相手に結婚願望があるとはかぎらないため、婚期がさらに遅れるだけです。

そのため、「とりあえず彼女を」という考えではなく、お互いに結婚を見据えた出会いを探しましょう。

② 清潔感を大切にする

清潔感は印象の良し悪しに直結します。いくら年収が高くても、容姿がよくても、清潔感がなければ結婚どころか交際にも繋がらないので十分な注意が必要です。

最低でも、下記の項目くらいは「当たり前」と言えるくらいにしておきましょう。



身 体
✅ 髪がボサボサになっていない
✅ 髭をきちんと剃っている
✅ 爪を整えている
✅ 鼻毛が出ていない
✅ 口臭や体臭が気にならない


身だしなみ
✅ 服がヨレヨレになっていない
✅ 服のサイズが合っている
✅ 場所に合う服を選んでいる
✅ 靴は磨かれている
✅ 眼鏡をきれいにしている

持ち物
✅ 鞄がボロボロになっていない
✅ 場にそぐわないリュックなどを持っていない
✅ ハンカチを携帯している


言 動
✅ 挨拶をしっかりする
✅ 飲食の仕方がきれい
✅ 敬語を適切に使う
✅ 上から目線で話さない
✅ 相手のことを決めつけない

③ 相手の気持ちを想像する習慣をつける

恋愛では一般的に週1~2回デートするくらいですが、結婚生活はまさに日常そのもの。結婚生活とは数十年続くものです。

仕事、料理、掃除、洗濯、育児、介護はもちろん、家具の配置やゴミの捨て方など、細かいことまで相談して助け合いながら進めていくことが必要です。

そのためには、お互いの気持ちを想像する習慣が欠かせません

自分の気持ちや都合だけでなく、「相手はどう思っているかな?」と考えられないと、お互いに気持ちよく暮らせないからです。

自分の常識は相手の常識とつい考えがちですが、相手の気持ちを考えることを大切にしてください。

お客さまの交際状況をお聴きしていても、「男性がもうちょっと相手の気持ちを考えられればうまくいくのに!」と思うことはとても多いです。ぜひ、気をつけてくださいね。

④ すぐに馴れ馴れしくしない

40代男性の多くは、お見合いなどの初対面ではある程度礼儀正しくふるまえます。しかし、女性が少しでも前向きな姿勢を示してくれると、一気に馴れ馴れしい態度をとってしまうケースが目につきます。

女性としては「もうちょっと会ってもいいかな」というレベルなのに、男性が突然「恋人気分」になって女性に引かれてしまうのです。

一度会ったくらいで、

  • 「タメ口」で話す
  • 「○○ちゃん」づけで呼ぶ
  • ドライブに誘う
  • スキンシップを図る

このようなことをしてしまうと、自分から「断ってください」と言っているようなもの。

一般的には、女性の気持ちの盛り上がりは男性に比べてゆっくりです最初からよほど意気投合していれば別ですが、信頼関係を少しずつ築いていくことが大事です。慎重に進めましょう。

⑤ 年収を少しでも高める努力をする

女性は男性と比べて相手に経済力を求める傾向が強いです。将来を見据えて、女性が男性に経済力をある程度求めるのはやむをえません。

男性も40代になると、会社員であれば定年までそんなに長くないですので、家庭をもちたいなら、自分の経済力について見直すことも大切です。

今の仕事をそのままがんばるだけでなく、資格を取って昇給を目指したり、スキルアップして転職したり、適切な投資をしたり、少しでも年収を高める努力もしましょう。

とはいえ、一人で家計をすべて担わないといけないと思わなくても大丈夫なので、安心してくださいね。

最近は、共働き志向の女性も増えています。必要に応じて共働きをして、世帯としての年収をどう高めていくかを相談していくことが大切です。

男性をATM代わりのように考えている女性は、丁重にお断りしましょう。男性も家事育児の役割をきちんと担うことが大前提ですが。

現状に満足せず、将来の家族のために自分の経済力を高める姿勢を忘れないようにしましょう

状況は厳しくても、自分を冷静に見つめ直して、方向性を間違えれなければチャンスがあるのですね。

みよし

その通りです!けっして悲観することはありません。前向きにがんばっていきましょう!

40代未婚男性におすすめの婚活サービス

実際に婚活を始めようとすると、多くの場合「婚活サービス」を利用することになると思います。こちらでは、その中でも特に40代男性におすすめの婚活サービスをご紹介します。

① マッチングアプリ

お互いに興味があるとわかれば、メッセージを交換することができ、合意すれば実際に会えるしくみです。

マッチングアプリの多くは女性無料。男性は月額3,000円〜4,000円ほどが多いですが、男性が無料のサービスもあります。複数月契約することで安く利用できるケースも見受けられます。

マッチングアプリのメリット
  • 基本的に身分証明書(運転免許証など)だけで簡単に登録できる
  • 料金がリーズナブル(女性は無料が多い)
  • 気軽に始めやすく、今すぐ結婚したいと思っていなくても、恋人探しだけで始められる
  • 特に誰かに報告したり相談したりする必要がないため、気楽に活動できる
マッチングアプリのデメリット
  • 登録が簡単な分、相手の素性がわかりづらい。
  • 既婚者が交じっていることがある。
  • 結婚願望が低い人も多いため、本気で結婚したい人にとっては使いづらい面もある。
  • 活動中のサポートは事務関係以外、ほぼないため、自己判断で活動していかないといけない
みよし

わたしが婚活していた頃は、アプリではなくブラウザのサイトでしたが、アプリと同じようにメッセージ交換をしてお互いに会う意思が確認できると実際に会えるしくみでした。
 
個人的には、何人かの女性と会えましたが、本格的な交際に繋がることはありませんでした。
事前にメッセージのやり取りを長く続けると、お互いのイメージを自分でつくってしまい、実際に会ったときに違和感があることが多かったですね。

気軽に始められるので婚活が初めての人には向いていると思いますが、早く結婚したい人には微妙かもしれませんね。

② 婚活パーティー

一般的に7~20名くらいの参加者で、簡単なプロフィールカードを元に2~7分くらいずつ話していく流れです。参加者数や一人一人と話せる時間は、各パーティーによって大きくちがいます。

参加費用は男性が3,000~8000円程度、女性が0~5,000円程度です。基本的に、女性のほうが気軽に参加しやすいしくみです。ただ、医師や弁護士などの男性の条件がとても高い場合は、女性の参加費用が男性より高いことも。

婚活パーティーのメリット
  • 一度に多くの女性と会えるのがいちばんのメリット
  • 参加時は、身分証明書の提示を求められるが、それ以上の個人情報の提示は必要ない
  • いろんな会社がさまざまな種類のパーティーを開いているので、都心部であればとても参加しやすい
  • 最近のご時世柄、オンラインでの開催もある
婚活パーティーのデメリット
  • パーティーによっては1~2分しか一人の女性と話せないこともあり、相手の人柄や相性がわかりづらい
  • 結婚願望が低い人も交っていることもある
  • 男女の料金が大きく違うことがあり、参加者の真剣度に差が出やすい
  • 1回の参加費はそれほど高くないが、男性の場合は特に何度も参加すると出費がかさむ
みよし

わたしは婚活していた頃、何度もパーティーに参加しました。1年以上、真剣にお付き合いしたこともあります。
ただ、一人ひとりと話す時間があまりに短いパーティーですと、たとえカップリングしても次に繋がりづらい印象がありました。

個別に話せる時間はとても短いですが、一度に多くの女性と会えるのはいい経験になりますね。

③ 結婚相談所

一般的に「データマッチング型」と言われるものと、「仲人型」と言われるものに大きくわけられます

データマッチング型
  • 事前に提出したプロフィールや希望条件に基づき、システムから抽出された男性を月に何名か紹介してもらう
  • そこでお互いに会う意思があれば、実際にお会いできる(お見合い成立)
  • 基本的に活動中のサポートは少ない
仲人型
  • 自分でシステムを使って申し込んだり申し込まれたりする
  • その取り次ぎや交際を進める過程で、仲人がサポートして進めていく
  • 全国にいくつかある「連盟」の中で、多くの相談所が会員データを共有している
  • サポートの多さは相談所によって大きく異なる

具体的には、下記のようなメリットとデメリットがあります。

結婚相談所のメリット
  • 結婚願望が高い人と出会える。
  • 相性の合う人が見つかれば、1年以内に結婚できることも多い。
  • 提出書類が独身証明書など多いため、相手会員の素性がかなり担保されている安心感がある。
  • 活動中の相談に乗ってもらいやすいので、軌道修正したり、モチベーション維持したりしやすい。
結婚相談所のデメリット
  • ほかのサービスに比べて料金が高い。
  • 料金体系がわかりづらく、結婚相談所によってサポート内容も異なるため、入会前の見極めが難しい。
  • 同じ相談所の中でも、担当者によって対応が変わるなど、運に左右される面もある。
  • プロフィールが詳しく、信頼度も高いため、条件重視で見られることもある。
みよし

わたしは、結婚相談所でお見合い33回を経て結婚しました。
ただ、最初に入った相談所はサポートなどがあまりにずさんで耐えられず、数ヶ月でやめました。次に入った相談所も、サポートはほとんどなく、お見合い料の請求時だけ連絡が来るようなところでした。
信頼できる相談所を選ぶのは「本当に難しい」と感じました。

結婚相談所に入会したからといって、自動的に結婚できるわけではありません。自分がどれだけ積極的に動くかや結婚相談所と相性が合うかもとても大切なポイントです。

まとめ

40代の男性は、若い女性を求めるほど婚活は厳しいものになります。

とはいえ、決してあきらめる必要はありません。

最初から結婚前提のお付き合いを目指して、本文でお伝えした「5つのポイント」を意識して取り組んでいきましょう。

  1. 恋愛ではなく結婚を目指す
  2. 清潔感をしっかり意識する
  3. 相手の気持ちを想像する習慣をつける
  4. すぐに馴れ馴れしくしない
  5. 年収を少しでも高める努力をする

エールマリアージュでは、無料での出張相談とオンライン相談を受け付けています。

自分がどうやって婚活すればいいかよくわからないと思う方は、お気軽にご相談くださいね。 わたし自身の経験やお客さまの実績から、あなたに合った方向性を見つけるお手伝いをさせていただきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次